表現空間S.R 各ページ

無料ブログはココログ

« 保釈を認めること自体に原因を求めても泣きを見るのは立場が強くない人々である | トップページ | 2020年 香川県のネット・ゲーム依存症対策案はむしろ全国規模の悲劇にならないか (2) »

2020年1月23日 (木)

2020年 香川県のネット・ゲーム依存症対策案はむしろ全国規模の悲劇にならないか (1)

 今回の記事は当サイト所定条件で無断転載など可能とします。条件についてはこの記事の左にある「表現空間S.R 各ページ」一覧の中にあります。

 当サイトは文章などに独特の表現を用いて作成されているところがあり、今回の記事を含む「2020年 香川県のネット・ゲーム依存症対策案はむしろ全国規模の悲劇にならないか」シリーズはそれが色濃く反映される形の内容になっております。
 それを踏まえてこのシリーズは「当サイト利用規約」をご確認の上でお読みください。

 香川県が議員提案として「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」を提案し、素案をまとめた。
 今回の記事は2020年1月22日に作成したものであり、今後、条例をめぐる情勢が変わる可能性がある。

 条例の趣旨については香川県のホームページ https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir1/dir1_1/dir1_1_1/wr2f3g200122132241.shtml に、こう書かれている。

 

ーーーー引用開始ーーーー

 議員提案により、本県の子どもたちがネット・ゲームの長時間の利用により、心身や家族的・社会的な問題を引き起こすネット・ゲーム依存に陥らないために必要な対策を推進し、健全な育成を図るため、本条例を制定しようとするものです。

ーーーー引用終了ーーーー

 

ーーーーーーーー

 ・ 結果的に依存症の治療を遅らせ、事態を悪化させることにつながらないか

 この特集の作成開始にあたって、特定非営利活動法人「アスク」のサイト https://www.ask.or.jp/  と、「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」 http://izon-hodo.net/  のサイトに目を通してみた。

 その上で前述の条例の素案について考えると、気がかりなことがあった。

 条例の素案にこのようなものがある。

 ・ 18歳未満の者のコンピューターゲームの利用時間を60分(学校などの休業日は90分)を上限とする。
 ・ 学校、県民、ゲーム関連事業者に至るまで条例に基づき県の施策に協力することを責務としている。
 ・ 保護者の責務として条例を守らせるものとしている。

 罰則は無いものの「責務」という言葉をやたらと強調することで、不当な制約を圧力によって実行することにならないか。
 その結果、こんなことも予想される。

 前述の「アスク」と「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」では、依存症に関する報道の仕方によっては本人やその家族を追い詰める結果になることを懸念している

 この条例が成立した場合、依存症になった者やその家族に対して「条例違反を犯したお前が悪い」「保護者の責務を果たさなかったからこうなったんだ」と、過大な攻撃言動を助長しないか。
 それを恐れた当事者や家族が依存症を隠すようになり、早めに治療すれば大ごとにならなかったが偏見を恐れた結果治療が遅れて……なんてことも十分考えられる

 依存症対策をうたった条例が逆に依存症を深刻化させる結果になってしまっては、「何のために成立させたんだ?」である。

ーーーーーーーー

 ・ 言論としての意見なら他県の人々でも

 条例について香川県ではパブリックコメントを募集するという。これについては送ることができるのは香川県民や事業関連者とされている。
 しかし一般市民の言論として思うことがあれば、通常の言論として送ることはできる。

 条例について当サイトの、おかしな「規制」「バッシング」などの特徴チェックのページでチェックしてみるのもよいかも。
 その上で意見を送る場合は「自分の言葉で、丁寧に」意見を送るのが良いと思われる。但し難しく考える必要はなく、必要最小限度でよい。
 必要に応じて「当サイトの行動実践 それでは行動に向けて」のページもどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーー

  コメント、トラックバック、当サイトへのお問い合わせについては送る前・見る前に画面左の「表現空間S.R 各ページ」一覧をご確認ください。説明のページに入れます。
 送信した時点で説明に同意したものとさせていただきます

 画面左から当サイトの説明や利用規約のページに入れます。当サイトの内容は、利用規約に同意したうえでの利用を前提に作成されております

« 保釈を認めること自体に原因を求めても泣きを見るのは立場が強くない人々である | トップページ | 2020年 香川県のネット・ゲーム依存症対策案はむしろ全国規模の悲劇にならないか (2) »