表現空間S.R 各ページ

無料ブログはココログ

« 当サイト管理者及びそれに関する利用規約追加事項 | トップページ | おかしな「規制」「バッシング」などの特徴チェック »

2019年3月24日 (日)

行動実践 それでは行動に向けて

 ・ 行動実践の前に。厳守しましょう
 不当なオタクバッシング、サブカル叩き、若者・青少年へのボロクソ言動、個人の権利封殺行為などをどうにかしたいとお嘆きの方、多いと思われます。誰か、またはどこかの機関に意見を送ったり協力を求める必要もあるでしょうし、場合によっては抗議もやむをえないでしょう。
  
 が
  
 行動の際、嫌がらせ、脅迫、暴力、協力の強要、行き過ぎた行為、その他不適切な行為は絶対にしないでください。やってしまうと一時的にはうまくいったようなことが起きても、後で必ず問題になります
  ちなみに行き過ぎた行為とは、極端ですがわかりやすい一例をあげますと本来ならやんわりと意見を言うにとどめるべきところを、徹底抗議の末相手をへこませてしまうことです。意図的でなくても知らず知らずのうちにこれらのようなことにならないように注意。
  また、皆様自身が根拠なき批判をしないように行動を考える習慣を。そんなに難しく考える必要はありませんので。
  
ーーーーーー
  
 ・ 行動を起こすにあたって、なすべき事
    
 我々がなすべき事は何だ!と、勇ましく叫んでみましたが、なんてことはありません。
 おかしな「規制」「バッシング」などを唱えさせたり、それらが正しいと信じ込ませない、それによる被害を食い止めたり、受けてしまっても回復する。また、その流れを応援するもよし。
 この点に尽きましょう。
  
ーーーーーー
  
 ・ お知らせ ここから先をお読みになる前に
  
  1. 管理人のサイト運営の当初の主張が、「強引にゲーム、コミックなどと社会問題を結びつけるな!」だったため、記述がそれに偏るかもしれませんが、応用すれば、おかしな「規制」「バッシング」全般に対応できるようにしていきます。
  
 2.  このページでは意見を送ることに関する記述が多く含まれていますが、それにとどまらず「自分がどんな行動を起こすか」(行政などの機関に申し入れを行う、選挙で政治家を選ぶなど)を考えつつ読むのもいいかも。  
   
 モチロン(こんな駄文でよろしければ)単なる読み物として読むだけでもアリです。
  
 3. 当サイトでは意見や要望を送ったりするときは自分の言葉で丁寧にするのが効果的と考え、抑えておくべきと思われる要点を述べるにとどめます。当然、当サイトで用いられる独特の文章みたいなことははオススメしません
  
ーーーーーー
    
 ・ 意見の送り方
  
  1.マトモな文章(手紙など)の書き方は検索などで他のサイトを探してみましょう。また、参考になる書籍を探してみるのもありです。
 但し私が過去にいくつかのサイトを見た感想からいうと、「抗議文の書き方」をそのまま参考にすると不必要にキレた文章となりそうです
 当サイトの趣旨に乗っ取って抗議文を出す場合でも必要最低限度の考慮は忘れずに。
    
 2. 当然、ブチ切れたような文章は止めましょう
  また、ギャル文字、顔文字、タメ語も止めましょう(←言い方が古い?)。
 文章は、です・ます調で(新聞社、雑誌社、行政などの機関、その他の団体への投書や論文の場合は、だ・である調でもいい場合があります。特に論文では)。青少年男子であっても自分のことを「私」と表記推奨
  
  3.規制などには、どこかの誰かの息がかかっていた、という場合もあるでしょう。これについて触れる場合、直接「○○の息が…」といった書き方は余程の根拠がない限りウケが悪いです。やめておきましょう。
  「報道機関などがこんなおかしいやり方で結果的に煽るようなことに、規制を求める声にそんなのがあるかも、気をつけて」とか、「○○の主張はこうだが、こういうところが疑問」などとある程度キチンと説明するのが断然よいかと。
  
 4. いろんなNPOとかが出した要望書なども参考になりそうなものがあります。
  
------
  
 ・ 自分のことを名乗っておく。リアリティが増します。
  
  1. とりあえず住所、氏名、年齢(場合によっては学年も)は名乗っておきましょう。個人情報の扱いについては、官公庁やその関係機関、メジャーな政党、政治家、多くの団体、会社についてはまず大丈夫だと思いますので。個人情報保護方針を公表しているところもあります。
  
  2. 「名乗りたいけど個人情報が…」という人は、意見などを送ったことを誰にもナイショ、または言う相手を限定することをオススメします。万が一個人情報が流失してもその原因探索が容易に
  
  3. 2についてさらに念を入れたい方は、送った時点では送り先であるあなたしか知らない、ご了承ぷりーず、とやんわりと断っておきましょう(イヤミにならないようにね)。
  
  4. 相手によってどうしても匿名にしたい場合があるかもしれません。「無礼ながら諸般の事情で…」とやんわりと断りを入れておきましょう。その場合も名乗れそうなところは名乗っておきましょう。また、文章は実名で書くつもりで丁寧に(まあ、名乗ったらヤバそうなところにまで無理に出すこともないかもしれませんが)。
  
ーーーーーー
  
 ・  更なる効果を見込んで  
  
 1. (1) ハガキや封書を、さらに手書きですることをお勧めします。長文の場合はワープロあり。但しその場合でも文末署名は手書きで(例:2006年11月8日 ○○(フルネーム))。
 文章を書く紙、ハガキ、封筒などは一般事務で使えるものを(何かのキャラのイラスト入りは当然ナシね)。メール、FAX、電話よりインパクトが大きいようです。
 値は張りますが、場合によっては攻撃力アップを見込み書留や、内容など証明系の郵便を。追い討ち一例:「確実に届けたいから内容証明にした」と一言あってもいいかも
  
  (2) 場合によってはあえて郵送以外で受付というところもあります。ご確認を。
  
  2. 極力手紙がいいかもしれませんが、メール、FAX、電話の場合、その中でもFAXがイケてるかも。丹精こめてつくった手紙がそのままの姿で送れます。ここでも手書き推奨。郵便で送るつもりで文書作成を。その場合住所などは文中に。文頭か文末がいいかな。さらに何かの理由でメールで送る場合も、名前などの記入覧があれが必須でない場合でも記入しておきましょう。
  
 3. 送る人自身の個人情報保護との兼ね合いもありますが、さらに「公開質問状」も一考の価値アリ。質問と答えを公開することを前提にすると宣言。また、「公開することが…」でも可。なお、不特定多数に公開するときにはプライバシーなどへの配慮から適宜修正などをお忘れなく。
  
 ・ おかしな「規制」「バッシング」などの特徴チェックのページで、あなたが見聞きしたことに疑問を感じたら、その対象をチェックしてみるのもよいかと

« 当サイト管理者及びそれに関する利用規約追加事項 | トップページ | おかしな「規制」「バッシング」などの特徴チェック »

メインコンテンツ」カテゴリの記事