« 安倍首相の外交手腕を見極めるチャンス(良くも悪くも) | トップページ | 酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2016 (1) »

2016年12月11日 (日)

ある程度強いやり取りに対応できるかがポイントに

 

今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 
 今回の記事はコチラのライブドアニュースを参考に作成した。
 < 稲田防衛相が「頼りない」に激怒?現場は冷ややかな本音 http://news.livedoor.com/article/detail/12366478/ 2016年12月3日 10時26分 >
 
 ニュースによると自衛隊秋田地方協力本部大館出張所の男性隊員が、「稲田防衛大臣(女性)は少々頼りないですが頼れるあなたはぜひチャレンジを!」といった内容でチラシを作成。
 このチラシは2017年4月に入隊する隊員向けで、130枚作成され、大館市の施設など計9カ所に置かれた。
 
 それに対する関係者の動きは次のとおり。【 】内はニュースより引用。
 
 ・ 【防衛省の武田博史報道官は会見で「女性だから頼りないと捉え、防衛相をこのような形で取り上げているのは極めて遺憾」と説明。
 さらにこの報道官は該当隊員の処分を検討する意向を示す。
 
 ・ 稲田朋美防衛相はすぐに事実関係の確認の指示を出す。
 
 ただ、ニュースによると現場関係者は冷ややかな見方をしているという。
 
ーーーーーーーーーー
 
 防衛省職員の声として次のことがニュースに書かれていた。
 
ーーーー引用開始ーーーー
 
 「チラシ問題をこれ以上、深追いしても無意味だし、逆に騒ぎを大きくしかねない。そもそも、稲田大臣はハイヒール姿で部隊を視察したり、リゾート地を訪れるような格好で海外出張したりと緊張感がなさ過ぎます。このチラシが示している意味は、女性差別でも何でもなく、女性であることを必要以上に強調するかのごとく振る舞っている稲田大臣に対する痛烈な皮肉です。『こんな気の緩んだ大臣の命令で俺たちは、駆け付け警護など命懸けの任務に行くのか』という怒りも込められているのです」(防衛省職員) 
 
ーーーー引用終了ーーーー
 
 
 ・ 男女は問わないがある程度強いやり取りが長時間続くことは承知の上で
 
 たとえ防衛相個人に対する批判だったにせよ、「(女性)」という言葉を入れる必要があったのか、については議論の余地が残るであろう。
 
 それはともかく……
 
 現在、地震発生時に放送局が緊急地震速報を出している。
 特につい最近東北地方で発生した地震では津波の危険性があったことで、ある程度強めの口調や字幕で避難を呼びかけていた。
 「5年前の東日本大震災を思い出してください!」といった語りかけもしていた。
 
 自衛隊の任務の特性上、特に大規模な出来事が関わると通信・連絡にも緊迫したやり取りが繰り広げられる。
 さらにそれが長時間続くことも十分考えられる。
 それも、緊急地震速報以上の強い口調のやり取りで。
 
 男女は問わないにせよ防衛大臣の職に付く以上、そのやり取りに対応できるかがポイントになると思われる。
 発生はしてほしくは無いが……大規模事態が発生すれば、自らが緊迫したやり取りの中で仕事をすることになるのだから。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 コメント、トラックバック、当サイトへのお問い合わせについては送る前・見る前にコチラの説明をご確認ください。送信した時点で説明に同意したものとさせていただきます

 

 コチラから当サイト全体のトップページに戻れます。サイト説明や利用上の注意もあります。当サイトの内容は、利用上の注意を理解した上で見ることを前提に作成されております

|

« 安倍首相の外交手腕を見極めるチャンス(良くも悪くも) | トップページ | 酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2016 (1) »