« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月17日 (日)

「もっと厳しくされた」ことを理由にサイトや動画の荒らしを正しいと思い込んだ可能性

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 体罰・パワハラじみたことを正しいと考えているような言動を今でも報道で見聞きすることがある。
 しかも指導と称したこれらの行為を受けた側からの発言である。
 自分は厳しくされたからこそ人として成長できた……と。

 しかしその言葉を信じていいものかどうか一考したほうが良い。
 これをお読みのあなたは、教師その他何らかの指導者になっているかも知れないし、そうでないかもしれないが、それを問わず、ある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・ いくつか例を挙げる。

 例1 : ある人物は自分自身のことを、指導者に厳しくされたおかげで立派になれたと語っていた。
 しかし日頃の言動を見ていると問題視すべき点も多く、人として立派と言っていいものかどうか疑問だ

続きを読む "「もっと厳しくされた」ことを理由にサイトや動画の荒らしを正しいと思い込んだ可能性"

|

2013年2月16日 (土)

子どもたちの憧れの職業を目指すことが自殺行為になりかねなかった

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 私は1977年生まれ。中学校を卒業したのは1993年3月。昨年、35歳となった。

 体罰がらみの報道によると、状況によっては私と年齢が相当近い者が引き起こしたケースもあるようだ。
 指導と称した肉体的、精神的な攻撃を加えて……

 私が小学生または中学生だった頃、何かしらのスポーツ選手にあこがれる人たちがそれなりにいた。

続きを読む "子どもたちの憧れの職業を目指すことが自殺行為になりかねなかった"

|

2013年2月12日 (火)

国民の権利と国家の主権両方を守るためにオリンピックは要らないと叫びたくなる

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が、顧問の男性教諭(47)の体罰を苦に自殺した。それまで教諭はたびたび「暴走」していた。さらに周囲の状況では教諭が暴走してもそれを防ぐことが難しい空気が流れていたという。

 それからしばらくのときが経って、全日本女子前監督の暴力行為が複数の柔道の女子選手によって告発されたことが多くのメディアで大きく報じられた。

 指導に名を借りた暴力まみれの日本のスポーツ、こんな状況で日本でオリンピックの誘致が成功し、開催にこぎつけたとしても喜びが感じられるであろうか?
 そして私は、こう考えるに至った。

 暴力まみれのこの現状が続くのなら、日本にオリンピックはこなくていい……と

 ここまで読んで違和感や反発を覚えた方へ。私の話にもう少し耳を傾けていただきたい。
 なにしろこんな状況ではオリンピックを誘致するのをやめたほうが、尖閣諸島のためにもなるかもしれないのだから

続きを読む "国民の権利と国家の主権両方を守るためにオリンピックは要らないと叫びたくなる"

|

2013年2月 5日 (火)

正当性の判断は自分の生活に降りかかってくるつもりで

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 残念なことに全国各地で厳しい指導と称した、指導に名を借りた肉体的・精神的暴力がまかり通っていたようである。
 さらに状況しだいでは、「成長するために必要」などと擁護する声もある。

 擁護する声を発する者の中には、過去に身勝手や理由や恣意的、カルトじみた独善的な判断で他者を攻撃し、今になってその責を問われることを恐れるようになった者、自分のしたことは正しいと思い込むしかなくなった者もそれなりにいるのではないだろうか。

 擁護する声と、我々の平穏な生活……

続きを読む "正当性の判断は自分の生活に降りかかってくるつもりで"

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »