« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

社会保障を受けることについての考え方も一体化を

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 

 消費税の増税に関する法案が可決。増税そのものへの懸念、そして、増税するならそれなりの使い道を、という声がコチラのYahoo!ニュースにあった。

 <  <消費増税法案>見えぬ未来、募る不安…求職者ら http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000114-mai-soci 毎日新聞 6月26日(火)22時4分配信 >

 このニュースについては当サイトの参考資料考慮事項の2を念頭に置いた。

 今回の記事タイトルについて。最近では生活保護について、保護を必要とするものを親族に扶養させろと言わんばかりのことを過剰なまでに声高に叫んだり、生活保護を受けること・支給すること自体を悪とするような言説を唱え、本当に必要な人が保護を受けにくくなる状況を作り出していないだろうか。
 声高に叫ぶ者、唱える者の自覚の有無を問わず

 親族に扶養させるという発想、実はこれ、かなり大きな「歪み」を発生させている。このことに気がついている人はいったいどのくらいいるのだろうか……

続きを読む "社会保障を受けることについての考え方も一体化を"

|

2012年6月16日 (土)

生活保護自体をバッシングしている者たち(当人の自覚の有無を問わず)がジレンマに陥るとき

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 犯罪被害者の権利と保護。わが国ではようやく整備されつつある。しかし、理由なき犯罪に巻き込まれた方々の生活補償については、昔に比べて少しはましになったとは言え、いまだに十分な制度が整っていないのが現状である。
 そして…

 最近の報道を含むあちこちで、「犯罪被害者のために加害者に厳罰を!」と称した世間の言動に気になった点が多く見られる。
 まあ、確かに物事によっては、軽い処罰で済ませた場合被害者感情の観点から納得できそうにないことも多い。

 しかし、「加害者に厳罰を!」という声や報道は多く見られるのに、「被害者補償の充実を」といったことが語られることが少ないのである。

続きを読む "生活保護自体をバッシングしている者たち(当人の自覚の有無を問わず)がジレンマに陥るとき"

|

2012年6月14日 (木)

支え合いという言葉に押しつぶされないために

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 最近、生活保護の不正受給を取り上げる報道などが多くなった。もちろん不正は良くない。
 しかし不正防止名目に本当に必要な人が受けられなくすることも当然良くない。もちろん、報道機関などが生活保護自体をバッシングし、必要としている人を攻撃しないようにすることも大事。

続きを読む "支え合いという言葉に押しつぶされないために"

|

2012年6月13日 (水)

人類滅亡からもう13年…のはずだった

 ここ最近の世間の動きからなんとなく書いてみた。

 私は今年12月31日までに35歳になる、もしくはすでになっている。
 そんな私が「青少年」と呼ばれる年齢だった頃、こんな話が飛び交っていた。

続きを読む "人類滅亡からもう13年…のはずだった"

|

2012年6月 1日 (金)

親なんだから自分の加害者でも養えだと!?

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。
 今回の記事はタイトルから内容にいたるまでいつもよりさらに品のないものになっておりますが、まさか私が懸念していたことがすでに現実になっていたのかという驚きからこうなってしまったものとしてご理解ください。

 厚生労働省の皆様、民主党の皆様、自民党の皆様、行政関係者の皆様……そして、これをお読みのすべての皆様も…

ーーーーーーーーーーーーーー

 先ほど、あるテレビ番組で生活保護と親族の扶養に関することを取り上げていた。
 その番組では、聞いているだけで残酷なまでに不気味なことを行政がおこなっているということも報じていた。

続きを読む "親なんだから自分の加害者でも養えだと!?"

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »