« 酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2012 (3) | トップページ | 酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2012 (5) »

2012年5月 1日 (火)

酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2012 (4)

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 この「酒を理由に悪夢の宴を許容しないで」シリーズについては2012年版の(1)はコチラ。 (2)はコチラ。 (3)はコチラです。

 このシリーズに限らずこのブログでの「○○シリーズ」では、特に断りのない限りその記事単独でもシリーズ全編を通して読むのもアリとします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 酔った勢いと称される暴力。これについては残念なことに「酔っているのだから」などと加害者もですが、周囲の者までも被害を過小評価してとらえることも、今でもあるのかもしれない。
全国で起きているこの種の暴力には、被害者が仕返しなどをしないであろうということ、被害者が被害を主張しても周囲が「酔っているのだから」などと過小評価して、問題にはならないであろうということを計算した上でアルハラに及ぶ悪質なケースもあるのでは

 そんな思いと懸念を抱いて、2010年、富山県に住んでいる私は次に示す裁判所に要望を送りました。

 裁判所の公式サイトは http://www.courts.go.jp/ です。要望内容は、酒に酔った勢いと称される問題行動や暴力に対して公正な判断、判決を下してほしいという趣旨で。時には厳罰もやむなしとして。
 送付先は富山地方裁判所、富山家庭裁判所、富山簡易裁判所(以上3つは同じ住所)、名古屋高等裁判所、最高裁判所。

 もちろんこれまでに当サイトで度々触れてきた、自分の意思で自己制御が利かなくなるまで飲んだ上での問題行動ならば、それなりの責めを負うべき、という点と、他人に自己制御が利かなくなるまで飲ませた結果、その人が……というのなら、飲ませたものにもそれなりの責めを……という趣旨も要望文で触れております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 <酔った勢いの暴力、その他アルコールとの適切な付き合い方に関する参考外部サイト>

 ASK 特定非営利活動法人アスク http://www.ask.or.jp/
 同サイトの「アルハラ」(アルコール・ハラスメント)の定義のページ http://www.ask.or.jp/ikkialhara_teigi.html 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 コメント、トラックバック、当サイトへのお問い合わせについては送る前・見る前にコチラの説明をご確認ください。

 コチラから当サイト全体のトップページに戻れます。サイト説明や利用上の注意もあります。当サイトの内容は、利用上の注意を理解した上で見ることを前提に作成されております

|

« 酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2012 (3) | トップページ | 酒を理由に悪夢の宴を許容しないで 2012 (5) »