表現空間S.R 各ページ

無料ブログはココログ

« 1月の同人関係メモ | トップページ | 悪徳商法防止策としても福祉は必要 »

2010年1月23日 (土)

逃げ場が無くなることも考えてみては?

 今回の記事は当サイト所定条件無断転載など可能とします。

 派遣労働への規制強化や、経済界にとって都合が悪い政策全般については、必要性があるものについても「海外へ生産拠点を移転させる企業が増え、かえって失業が増える」なんて反対意見がちらほらと出てくるが……

 これについて思うところがあり、今回の記事タイトルとなった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 昔、こんな話を聞いたことがあった。

 日本に限らずいろいろな国で、自国で公害防止に対する規制が強化されたことで、その国の企業も対策を取った。しかし、その一方……

 海外に工場を持つ企業の中には、自国より規制が緩いことを利用し、取るべき対策をとらず、現地で公害を引き起こしたところもあったという。
 当然、問題視された。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 派遣労働に限らず、日本の内外を問わず、もし何かしらの政策に反対し、実際に生産拠点を移してしまうとしても、どこまでしのげるのやら。

 日本での労働者保護への反発の場合、移転先について考えると、国によっては労働者保護のための規制が日本より厳しいところも多いという。そんな国は避けるであろう。
 そんなわけで、移転先は日本より労働者保護についての規制が甘い国となる。
 他の国でも似たり寄ったりのことになると思われる。

 しかし、移転先においても度を越したことをされれば現地労働者が黙っていられなくなり、軋轢が起きたり、ついにはその国でも労働者保護のための規制が強化されていくだろう。

 ましてや「規制強化で海外移転が進む」なんて自分の国で主張していたことが分かれば、反発も大きくなるであろう。

 「自分の国では許されない働かせ方をするために俺達の国に来たのか!?」
 なんてね……

 国際的規模で話が大きくなっても不思議ではない。

 そうなってくると……もう…逃げ場は……ない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 海外移転をするにしても移転のための経費はかかる。
 また、労働者保護の法律以外にも、現地の数々の状況を見極める必要もある。

 まあ、メリットばかり見るのもどうよってことね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 経済界にとって不利な政策と海外移転の関係について、疑問点を書いている外部サイト。

 < サイト:村野瀬玲奈の秘書課広報室  記事:派遣が増えても税金が減っても工場は海外に移転していた (「五十嵐仁の転成仁語」から) http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1602.html >

 < サイト:五十嵐仁の転成仁語  記事:1月10日(日) 派遣が増えても税金が減っても工場は海外に移転していた http://igajin.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10 >
 「五十嵐仁の転成仁語」については前述の「村野瀬玲奈の秘書課広報室」が紹介していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 コメント、トラックバック、当サイトへのお問い合わせについては送る前・見る前にコチラの説明をご確認ください。

 コチラから当サイト全体のトップページに戻れます。サイト説明や利用上の注意もあります。当サイトの内容は、利用上の注意を理解した上で見ることを前提に作成されております

« 1月の同人関係メモ | トップページ | 悪徳商法防止策としても福祉は必要 »